体型維持 運動

体型維持にはどんな運動がオススメ?

人は年を重ねるごとに、カラダの仕組みも変化してきます。

 

10代、20代は代謝がよかったのに、ある年齢を境に変わってきたなと感じる事ありませんか?

 

これから先、体型維持をしていけるのでしょうか。

 

体型維持する上で重要なのが、食生活や運動です。

 

運動と言っても、まずは何をすれば良いの?と考えてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、体型維持に役立つ運動について調査しました〜!!

 

これから運動を始めようと思っている方は、ぜひ覗いてみてくださいね!

 

 

運動には種類がある?

 

運動には、「有酸素運動」と「無酸素運動」があります。

 

それぞれどんな効果や特徴があるのか、詳しくみていきましょう。

 

 

まずは有酸素運動です。

 

有酸素運動は、脂肪燃焼効果があります。

 

酸素を使い、カラダの脂肪と糖質が消費される仕組みです。

 

ウオーキング・ジョギング・エアロビクス・水泳などが知られていますよね。

 

20分以上継続することで、脂肪が燃焼する効果が発揮できます。

 

なぜ20分以上なんでしょうか?気になりますよね〜。

 

有酸素運動をし始めて、20分経過するまでの間は、血液の中の脂肪を使っています。

 

そして、血液の流れを良い状態にしているんです。

 

20分経ってから、ようやく皮下脂肪などカラダの中の脂肪を使い始めるんですね。

 

そこで体脂肪の燃焼が始まるわけです。減らしたいのは体脂肪なので、20分以上続けることが大事なんですね!

 

では、次に無酸素運動とはどんなものなのでしょうか?

 

 

無酸素運動とは?

 

無酸素運動は、基礎代謝が高くなる効果が期待できます。

 

酸素を使わずに、筋肉にためてある糖質などをエネルギーにする方法です。

 

筋トレが有名ですね。

 

「基礎代謝」ってダイエット関連のことでよく耳にしますよね。

 

簡単にいうと、私たちが普段生活しているだけで消費しているエネルギーのことです。

 

基礎代謝は全員が同じではなく、性別や年齢なども関係します。

 

基本的に、女性より男性の方が基礎代謝が高く、年齢が上がるにつれ低くなる傾向なんです。

 

基礎代謝が減少するのは、体内の筋肉量が減ることが原因と言われています。

 

一定の年齢を過ぎると体型が崩れやすくなるのには、このような背景があるんですね〜。

 

なので、無酸素運動で筋肉量を増やすことで、基礎代謝量を高くすることが有効なんです。

 

基礎代謝はいつでも消費するので、基礎代謝がアップすれば消費されるエネルギーは増え、痩せやすいカラダを作る事が出来るんですね!

 

ちなみに筋トレをすると、筋肉が傷ついた状態になり2〜3日ほどで修復されます。

 

このサイクルを利用し「筋肉を使う・休ませる」というトレーニングを行うと効果的ですよ。

 

毎日出来るだけやれば良いわけでもないんですね。

 

 

そして、有酸素・無酸素運動のどちらかだけするよりは、どちらの運動も取り入れることがおススメです。

 

お互いの相乗効果で、健康な体型維持に役立つ方法と言えます。

 

 

体型維持の運動まとめ

 

有酸素運動と無酸素運動には、それぞれの特徴がありどちらも必要だとわかりましたね!

 

今まで、有酸素運動だけに力を入れていた方も、今後はぜひ無酸素運動も取り入れてみてください。

 

ちなみに、運動が苦手だという場合は、体型維持に効果があるサプリメントなどもありますよ〜!

 

以前テレビでも放送されてことがある「ビアンコロール」という商品です。

 

興味がある方は、詳しくチェックしてくださいね。

 

 

>>ビアンコロールの販売店の詳細をチェック